本文へ移動

ヤマトの会

ヤマトの会とは

平成20年12月20日 言語障害者友の会「ヤマトの会」が発足されました。
医療機関などでの専門的・集中的リハビリテーションが一段落すると、単に言語機能の回復を目指すだけの訓練ではなく、地域社会への参加を目指したリハビリテーションが必要となります。
当会は、当院を退院された患者さまと、ご家族が自主的に運営する会であり、地域社会参加への第一歩として、患者様同士の交流、情報交換の場として、またご家族にとっては言語障害の多様性や対応の仕方を理解する場として活用しています。

 

ヤマトの会 最新記事

歌と届け、願い事~七夕会を開催しました~

6月16日(土)に呉中通病院の8階食堂で、毎年恒例の「七夕会」を行ないました。参加人数は、言語障害の方5名、ご家族1名、ST5名で、計11名と、にぎやかな会になりました。
参加者全員で3つずつ願い事を考えてきてもらって、短冊を笹に飾り付けました。短冊ときらきらの飾りで、まるで夏のクリスマスツリーのような、きれいな七夕飾りが出来上がりました。
そして、今年初めての企画で、みんなで「たなばたさま」をアカペラで合唱しました。願い事と一緒に、歌も空へ届いて欲くといいなと思いながら、職員も参加させてもらいました。
尚、七夕飾りは当院4階のリハビリテーションセンターの前に飾ってあります。

3回目の海自カレー

1021日(土)ヤマトの会にて、外出イベントを開催し、呉森沢ホテルの「ボア・マレー」へ行ってきました。参加人数は会員4名、家族3名、スタッフ3名の計10名でした。みんなで楽しくカレーを食べることができました。今回のカレーは少し辛めで、昨年のカレーを思い出しながら食べている方もおられました。「失語症になると言葉が出にくく家族以外との交流が中々もてないから、月1回のこの会を楽しみにしている。」との意見をいただき、今後も楽しい会にしていきたいと思いました。
呉中通病院
グリーン三条
TOPへ戻る