ヤマトの会

ヤマトの会とは

平成20年12月20日 言語障害者友の会「ヤマトの会」が発足されました。
医療機関などでの専門的・集中的リハビリテーションが一段落すると、単に言語機能の回復を目指すだけの訓練ではなく、地域社会への参加を目指したリハビリテーションが必要となります。
当会は、当院を退院された患者さまと、ご家族が自主的に運営する会であり、地域社会参加への第一歩として、患者様同士の交流、情報交換の場として、またご家族にとっては言語障害の多様性や対応の仕方を理解する場として活用しています。

 

ヤマトの会 最新記事

3回目の海自カレー

1021日(土)ヤマトの会にて、外出イベントを開催し、呉森沢ホテルの「ボア・マレー」へ行ってきました。参加人数は会員4名、家族3名、スタッフ3名の計10名でした。みんなで楽しくカレーを食べることができました。今回のカレーは少し辛めで、昨年のカレーを思い出しながら食べている方もおられました。「失語症になると言葉が出にくく家族以外との交流が中々もてないから、月1回のこの会を楽しみにしている。」との意見をいただき、今後も楽しい会にしていきたいと思いました。

夏の空に願いをこめて~七夕会を開催しました~

平成29617日(土)、ヤマト会にて少し早い七夕会が開催されました。会員さまが準備してきた笹に、願いごとを短冊に書き、飾りとともに結び付けました。事前に短冊に願い事を書いたり、飾りを手作りされたりする会員さまもおられました。願い事を書くまでに時間がかかりましたが、皆さまで考えながら短冊を完成させていました。七夕会の最後には、飾りつけされた笹と一緒に写真を撮りました。皆さまの願いが叶うといいですね。

ヤマトの会 100回記念 ~記念パネルを作成しました~

平成29年3月18日(土)で、ヤマトの会は発足から第100回目の会を迎えることができました。
第100回目の活動は、2009年から各年度毎に行った行事の思い出を振り返りながら写真を張っていき、カレンダー6枚を使用して1枚のパネルを作り、記念パネルを作成しました。
その後、完成したパネルとともに写真撮影をしました。
きれいに保管して頂いている写真を持ち寄る会員の皆さまの様子を見て、職員も大変嬉しく思いました。
これからも様々な行事を通して、たくさんの思い出を作っていきたいと思います。

10回目のメリークリスマス

 1217日(土)の午後から呉中通病院8階食堂にて、ヤマトの会が行われました。今回はクリスマス会を開催し、参加者は会員・家族8名、スタッフ7名の計15名でした。

全員でケーキを食べながら今年1年を振り返りました。23人が同時に言葉を言う合唱団ゲームは意外に難しく、頭をひねりました。その後、ビンゴゲームによるプレゼント交換が行われました。最後はツリーの前で写真を撮りました。発足10年目に突入し、来年はついに100回を迎えるヤマトの会、これからもたくさん思い出を作っていけたらと思います。

グリーン三条