回復期リハビリテーション病棟

*回復期リハビリテーション病棟とは

 急性期治療を終えた方(脳血管疾患又は大腿骨骨折等の患者様)に対し、主に寝たきり防止、日常生活動作の改善、社会復帰(家庭復帰)を目的として、専従の医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等が共同でそれぞれの方に合ったプログラムを作成し、それに基づいたリハビリテーションを中心に治療を進めていく病棟です。
 ベッドからの起き上がり、移乗、食事、整容、更衣、移動、入浴、トイレ、階段昇降、屋外歩行など病棟での生活の場が直接、リハビリの場となります。

対象疾患

1.脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、急性発症した神経疾患などの発症または手術後2か月以内の方。
2.義肢装着訓練を要する状態で切断後2カ月以内の方。
3.大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折または手術後2か月以内の方。
4.大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後1カ月以内の方。
5.股関節又は膝関節の置換手術後1カ月以内の方。

入院から退院までの流れ

呉中通病院
グリーン三条